環境会計ソフトウェア

当社の環境管理ソフトウェアを使って、コンプライアンスからパフォーマンスへ移行しましょう。

コンプライアンスからパフォーマンスへの展開

お客様のデータをインサイトと行動に変えます。

大気、データおよび廃棄物に関する何千もの環境データを収集かつ検証し、サスティナビリティや規制に関する報告書をまとめることは、特に大規模かつグローバルに事業を展開する企業にとって、資源集約的なプロセスです。 進捗状況は、一般市民や業界関係者からも監視されます。したがって、文書化するとともに、完全に監査可能でなければなりません。

お客様の環境データをインサイトと戦略的な行動に変える。

当社のソフトウェアは、環境データ収集に必要な追跡可能なシステムを構築するとともに、規制報告書を提出や、パフォーマンスの予測をしたり、そして必要な時に迅速に介入し、リスクを軽減させることができます。

大気/温室効果ガス排出量ソフトウェア

企業の排出量計算に高い透明性をもたらし、排出量とオペレーションデータについて追跡可能な単一の企業記録システムにより、コンプライアンスを確実にする支援をします。

水の排出量管理

廃水排出に関連する大量のサンプリングデータを組織が管理するの廃水排出許可に関連する大量のサンプリングデータの管理を支援します。を支援します。

廃棄物管理

廃棄物の量、輸送、そして廃棄物最終処分の追跡に関する厳しい規制を、より簡単かつ効率的に遵守するために組織をサポートします。

冷媒コンプライアンス管理

使用量、修理および廃棄を追跡し、Title VI、Clean Air Act、Toxic Release Inventory、California AB 32、Federal Halocarbonその他の冷媒コンプライアンス規制への準拠を支援します。

SpheraCloudが排出量管理とコンプライアンスの簡素化に貢献できる仕組み

業界リーダーが Sphera社の環境会計を選択する理由をご覧ください。

情報公開の推進

決まり文句の視覚的なモデル中間計算値、および生計測データを使って作業します。 誤ったデータをリアルタイムで修正し、計算への影響を即座に確認でき、より透明性の高いものになります。

データ収集およびレポートの合理化

さまざまなデータ収集方法を提供します:フォームによるパラメータデータ値の入力、自動一括処理、ドラッグ&ドロップでデータを手動でインポートするなど、貴社の報告ツールにフィードします。

プロセスの標準化

集中管理され、標準化された資産別の計算方法を提供するように設計されています。

データを知見へと変換

資産のパフォーマンスをベンチマークし、最適化するための高度な視点を提供します。

環境コンプライアンスから環境パフォーマンスへ

将来的には、コンプライアンスはさらに厳しくなり、企業のさまざまなEHS&S(環境・衛生・安全と持続可能性)分野に広がっていくと思われます。 課題とその対応について、最新の情報を得ることができます。

デジタル化と高度なソフトウェアツールの必要性が認識されるようになりました。

EHS(環境・衛生・安全)担当役員の84%が、環境コンプライアンスに対応したEHSソフトウェアの導入を希望しています。

Sphera社がどのように効果があるかについて

最近のVerdantixレポート(Verdantix EHS ソフトウェア Benchmark Report 2021)において、当社のソリューションは環境コンプライアンス管理で最高得点を獲得しました。

高まる環境リスク

今日、世界の廃棄物の75%が埋め立て地に捨てられ、莫大なコストがかかります。WHO データによると、10人のうち9人がスモッグや煙から上る汚染物質について、WHOのガイドラインの制限を超える大気を吸い込むことがわかります。 そして、2030年には水の需要と供給のギャップが40%に達する可能性があります。²

環境会計の関連コンテンツ

安定したコンテンツライブラリーにぴったりはまります。 ます。

データを知見へと展開

企業は、レポートのサイクルを回しながら、コンプライアンスからパフォーマンスへの移行に苦心しています。 どのように効果があるかご紹介します

パンフレットのダウンロード →

Verdantix産業レポートの結果

新しい調査によると、企業はデジタル化を通じて、よりサスティナブルな未来に向けた重要な一歩を踏み出しています。

サスティナビリティのデジタル化の流れ

Verdantixの「EHSソフトウェアベンチマーク」によると、デジタル化が、環境およびサスティナビリティに関するソリューションのための、牽引力を得たことが示されています。

failure analysis software

環境コンプライアンスから環境パフォーマンスへ展開する準備はできていますか

環境会計のためにSpheraCloudができることについては、こちらをご覧ください。