安全衛生管理ソフトウェア

社員と業務を保護する上での安全リスクの特定および軽減

進化するリスクへの対応

今日から、正しい安全衛生の取り組みを始めましょう。

安全衛生の最大の課題に取り組み、スマートツールの活用で洞察力の欠如を克服します。 未だに多くの企業が、重要な安全衛生上の決定を下すために、何年も前の監査および検査データを使用しています。 当社の安全衛生ソフトウェアは、安全対策の専門家に実践的な視点を提供し、社員や利益を守り抜くことを可能にします。

適切なツールで職場の安全を守ります

当社の全社的で、完全に統合されたソフトウェアは、事故および運用損失の可能性を軽減します。 先進的なソフトウェアツールは、安全衛生情報の取得、追跡、調査、報告そして分析を行うために必要なワークフローを構築します。

事故の管理

事故、ニアミス、あるいは潜在的なリスクになりうる観察事項を通知する各手順を通じたソフトウェアのインターフェースにより、社員の安全を保証し、リスクの可視化と制御を支援します。

対策および改善策

収集したデータから得た洞察を対策および改善策につなげます:対策、説明責任を追跡し、進捗を報告します。

変革のマネジメント

安全性、コンプライアンスおよびパフォーマンスを向上させるために、当社の変革のマネジメントツールでリスクと事故を一貫して管理します。

分析

Analyticsを使って強力なレポートを作成し、潜在的なリスクを明らかにし、異常を発見することで組織がデータに基づいた意思決定を行い、安全性とパフォーマンスを向上させることを支援します。

リスクアセスメントソフトウェア

コーポレートリスクとオペレーショナルリスクを統合して完全に可視化し、トレンドを把握して、是正措置や予防措置を実施します。

請負業者向け安全性ソフトウェア

第三者承認プロセスを管理し、ベンダー、請負業者およびサプライチェーンにおける第三者リスクを特定かつ評価します。

監査管理ソフトウェア

標準的な業務の集中化と自動化により、監査および検査プロセスの管理上の負担を軽減します。

方針管理ソフトウェア

社員が重要な社内文書や方針にアクセスし、その内容を確認し、署名する方法を管理します。

データ収集ソフトウェア

主要な安全データに関する指標に接続し、記録、監視、計算、分析および報告します。

トレーニング管理ソフトウェア

自動化されたコーススケジューリング、アラートやリマインダーを使って、トレーニングのニーズを監視および管理します。

データと洞察により職場の安全性を確保

業界トップがSpheraの安全衛生管理を選択する理由をご覧ください。

データ可視化とレポーティング:より情報に基づき、信頼性の高いビジネス意思決定を行う

データ、知見およびベストプラクティスを一元化し、リスクを軽減して運用上の混乱を防止し、そして変革のマネジメントの実践および方針の標準化を図ります。

基礎的なセットアップと構成:必要とされる強固なサポートを実現

当社のサービスチームは、お客様の組織が持つ独自の安全衛生のニーズに合わせて、当社のソリューションを構成することができます。

業界をリードするワークフロー:効率化のための業務の自動化と合理化

具体的なワークフローの主要部分に、実用的で実行可能な優れた基準を導入し、行動を促します。

応答性の高い、シームレスな統合

社内において、いつでも、どこからでも、是正処置や予防処置の優先順位付け、割り当て、通知、追跡および報告が可能です。

変化に対応した安全衛生

安全性報告2021に基づく最新の知見

32

主要な指標を使用することで、事故を防止

36

事故の防止とパフォーマンスの向上のための学習を含む

40

安全パフォーマンス向上のための明確なロードマップを持つ

21

「安全意識と現実に起きることの間にギャップがある」と回答

安全衛生管理の関連コンテンツ

安定したコンテンツライブラリーにぴったりはまります。 ます。

SpheraCloudとAzureは、Shell社のGoal Zeroへの取り組みを支援

Shell社は、責任ある安全なエネルギー供給と、社員、請負業者、地域社会、そして環境への悪影響を最小限に抑えることに努めています。

事故報告

2018年、Co-opはSpheraと協力して新しいシステムを立ち上げ、私たちへの事故報告の管理方法を変えつつあります。

安全衛生管理ソフトウェア

企業には、安全で信頼できる経営を確実にするための取り組みを継続的に改善することが求められています。

パンフレットのダウンロード →

failure analysis software

安全衛生のパフォーマンスを向上させる準備はできていますか

安全衛生管理におけるSpheraCloudの役割について詳細はこちら