SpheraLogo2019_Gray

プロセス安全管理の14の要素を整合させるためのプラットフォームアプローチ

危険性の高い化学物質の放出を防ぐため、ハザード管理に対して相互に関連するアプローチを適用することは重要ですが、プロセス安全管理の意図を運用実態に反映させることは、簡単ではありません。 管理と現場の運用をサポートするために、Industry 4.0をを使ってデジタル化する必要があります。

統合されたリスク管理(IRM 4.0)プラットフォームのアプローチを利用することで、組織・業務手順、設計、監査プログラムなどを通じて、相互に関連する性質を持つリスクを組織がどう管理できるか学びましょう。

プロセス安全情報

ダイナミックな環境で一緒に作業することは難しいものですが、メンテナンス、大規模なプラントのターンアラウンド、査察、またはエンジニアリング介入などのためにプラントを安全に準備することは、非常に重要です。 運用チームが常に適切なプロセス安全エンジニアリング情報にアクセスし、過去の作業から学習できるようにすることは面倒なことです。 プロジェクトのパフォーマンスを成功させるために、チームが資産のリアルタイムの運用状況を見て、プロセス安全リスクのソースを特定できなくてはいけません。 また、業務を管理・停止し、規制の要件を遵守する能力も必要です。

化学物質、プロセス、技術、および機器の潜在的な危険に関連する情報は容易に入手できる必要があります。 これは、ハザード分析/リスクアセスメントプロセスのベースラインとして役立ちます。 この情報は最初の設計時に提供され、文書化された情報は、アップグレード作業、継続的な運用、保守に十分なものでなければなりません。 さらに、監査目的に利用できる場所に保管し、関係者が自分に関連する最新のバージョンにアクセスできるよう、常に最新の状態に保たなければなりません。

Spheraの高度なリスクアセスメントソリューションを利用することで、プロセス、品質、安全、職種に関するナレッジライブラリや学んだ教訓へ一元的にアクセスでき、さらにチームの協力、追跡可能性の決定、コンプライアンスの徹底、信頼性の管理が可能になります。

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

お客様のプロセス安全管理はどのくらい成熟していますか?

アセスメントと成熟度向上のための設計を提供することで、お手伝いさせてください。

詳細はこちら

プロセスハザード解析(PHA)

危険度の高い組織では、毎日がリスクと隣り合わせです。 リスクやそれにさらされる状況は、日々変化します。 すべてをうまくやりこなすことは難しいことです。 リスクの誤解はプロセス安全管理要素に影響し、間違った分野に資源を配分することになり、新たな脆弱性を引き起こす可能性があります。 さらに、リスクアセスメントと管理プロセスがコンプライアンスのみに焦点を当てている場合、小さな予期せぬ失敗が大きな問題に発展するまで、発見できない可能性があります。 リスクの実態を掌握する必要があります。

組織は、人と資産に対してリスクとなり得る危険を特定し評価するために新たに計画され、あるいは既に存在するプロセスと運用を系統的に調査するために、構造化され再現可能な手法を導入し、管理する必要があります。

選択されたプロセスハザード解析(PHA)手法は、プロセスの複雑さとの関連で適切でなければならず、プロセス、品質、職業上および安全上のハザードを特定、評価、管理する必要があります。

資産を作動する前に、組織はすべてのプロセスにおいてPHA(プロセスハザード解析)を実施し、管理の環境が整っていることを確認する必要があります。 そして、これらのプロセスは地域の規制基準に従って、または大きな変更がある度に再検証されなければなりません。

Spheraの堅固で一元化されたプロセス安全リスクアセスメントフレームワーク、設定可能な手法、リスクアセスメントワークフローは、お客様の組織がリスクアセスメントデータを標準化し、記録し、適切な管理が行われていることを徹底するのに役立ちます。

プロセスハザード解析(PHA)ソフトウェアは、ハザードと操作性の調査(HAZOP)および「What If」手法をサポートし、お客様のプロセスの安全性を確保します。 リスク管理のためのより深い理解は、防護層解析(LOPA)とBowtieツールでサポートされています。

プロセス安全管理

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

運用手順

一貫した労働慣行と労働条件は、安全パフォーマンスの向上と、インシデントの防止にとって重要です。 これは、タスクを実行する資格のあるすべての作業者が簡単に参照できる共通の方法を提供し、責任と管理制御を明確にするものです。

操作手順の実施と管理は、安全に作業活動を行うための明確な指示を与えるものでなければなりません。 手順には、起動から停止までの各操作段階におけるステッステップと、ロックアウト/タグアウト、閉鎖空間への立ち入り、プロセス機器のメンテナンス、作業員の施設内への立ち入り管理など、活動中の危険を管理するための安全作業手順が含まれていなければなりません。

Spheraの作業の管理ソリューションは、企業の方針や業界の規制に沿った一貫した作業慣行と条件を確立し維持することで、事業者の安全パフォーマンスの向上とインシデントの防止を支援します。 点検、修理、予防保全などのメンテナンス作業の実施時期を明確にします。

安全対策がすべて整ったら、更新された安全データシートとリンクする機能を提供し、運用実務を通じて安全ポリシーを確実に実施します。

作業の管理

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

火気使用許可

今日の運営環境は厳しいものです。 熱源や発火源を含む非常に危険な作業環境について責任を負いながら、生産性と安全性を同時に向上させなければならないプレッシャーがあります。

業務環境における作業の管理プロセスを確立するシステム、手順、リスクアセスメントの実施と管理は、労働者の安全と運用稼働時間の最大化に役立ちます。

「Spheraの作業の管理ソリューションは、許可、隔離、危険、メンテナンスシフト、同時操作(SIMOPS)などのすべての手順からの情報を組み合わせて、施設全体の稼働状況をリアルタイムで把握することを可能にします。

これにより、作業チームは作業許可プロセスを通じて、相互依存的なリスクを管理することができます。 資産の健全性、機械的完全性、機器関連のリスクに関する情報は、潜在的に危険な作業活動の文脈で説明されます。 また、火気使用や火災防止対策、ロックアウト/タグアウト(LOTO)プロセス、閉鎖空間への立ち入りなど、どんな作業であっても、安全対策が全て整ってからでないと実施されません。

作業の管理

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

お客様のプロセス安全管理はどのくらい成熟していますか?

アセスメントと成熟度向上のための設計を提供することで、お手伝いさせてください。

詳細はこちら

緊急事態への備えと対応

準備を整えいつでも対応できる状態だと、いざというときに大きく違います。 計画外の停電や緊急事態が発生した場合、組織は人と資産の安全を確保する必要があります。 何をすべきか、どのようにすべきかを知り、誰もが同じ考えを持っているかどうかを確認することが非常に重要です。 しかし、コンテキストが鍵になります。 プラントでどのような活動が行われているか? 資産のリスク状況はどうなっているか? 緊急事態対応に影響を与えるものは何か? 最も重要なときに対応できるように準備する必要があります。

組織は、作業活動に関連する緊急事態対応計画を実施・管理しなければなりません。 つまり、何か問題が発生した時に、事態を緩和するために何をすべきかを知っておくことが必要です。 機器の設計と限界、結果や影響、緩和手段の信頼性などを理解する必要があります。

Spheraの緊急事態準備・対応アプリケーションは、対応計画の作成、訓練をサポートし、本当の緊急時には、チームが日常業務から対応モードへとシームレスに移行できるように支援します。 事態の展開に応じて、対応計画情報に迅速にアクセスできるため、チームは状況を迅速に評価し、適切に対応することができます。

緊急事態への備えと対応

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

重要な機械的完全性

資産が稼働を開始した日から、そのプロセス安全リスクへのエクスポージャーは変化し始めます。 機械的完全性はそれらの要素の1つであり、プロセス安全管理の健全性にとって非常に重要です。 実際、インシデントを減らし軽減するために、リアルタイムかつプロセスの安全バリアとの関連で、重要な機器を理解する必要があります。

今日、明日、そしてその先のリスクレベルを理解し、いつ介入すべきか、どのようにエクスポージャーを減らすべきかが分かるように努力する必要があります。

管理システムの実施では、プロセス機器やシステムが望ましい機能を果たし、機械的に適切な状態を保つように設計、設置、維持されるよう保証することに重点が置かれています。 機器の検査、試験、改良、修理、および機器の継続的な完全性を維持するための手順書の作成が含まれます。

Spheraのプロセス安全バリア管理は、運用および機械的完全性のリスクを結びつけ、誰もがそれに基づいて行動できるような動的なプロセス安全バリアモデルで表示する初めての製品です。 プロセス安全重要機器(SCE)センサーデータの健全性を、期限切れや計画済みのメンテナンスおよび検査データ、緊急事態および環境管理システムの状況などと関連付け、累積的なリスクの影響を提示します。

資産の健全性、機械的完全性、機器関連のリスクに関する情報は、潜在的に危険な作業活動の文脈で説明されます。 火災や爆発などの起こり得る重大事故ハザード(MAH)リスクエクスポージャーをプラントとプランプラントの周辺レベルで計算します。

人と資産を安全に保ち、生産性を維持する方法を学びましょう。

プロセス安全バリア管理

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

運転開始前の安全審査

新規または変更された処理施設を稼働する前に、組織は特に、生命と資産の壊滅的な損失を引き起こす可能性のあるインシデントを防ぐために、設備が当初の設計と運用の意図を満たしていることを確認する必要があります。

運転開始前の安全審査(PSSR)の実施と管理は、プロセスの詳細なチェックリストにサポートされた体系的で綿密なアセスメントです。 これらは、危険性の高い化学物質/炭化水素の導入、変更のための停止、大規模なT&Iメンテナンス活動、新しい処理装置または機器、長時間のシャットダウン、アイドル運転の前に行うことが極めて重要です。

Spheraの変更管理ソリューションは、運転開始前の安全審査プロセスをサポートします。 建設および機器が設計の仕様に従っていること、安全、運転、メンテナンス、緊急時の手順が適切に整っていること、新しい施設に対してプロセスハザード解析が実施されていること、起動前に勧告が解決または実施されていること、変更した施設が変更管理の要件を満たしていること、そしてトレーニングが完了していることをチームが確認できるようにします。

SpheraCloudHomeソフトウェア - デバイス

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

お客様のプロセス安全管理はどのくらい成熟していますか?

アセスメントと成熟度向上のための設計を提供することで、お手伝いさせてください。

詳細はこちら

トレーニング管理

仕事は常に変化しており、従業員は必要なスキル一式を迅速に向上させる必要があります。 企業は、組織全体のリスク関連のニーズを監視し管理するために、適切な人材が適切なスキルを持ち、適切なトレーニングを受けることができるよう徹底する必要があります。コースのスケジューリング、アラート、リマインダーなどのタスクを自動化することで、日々のタスクが軽減され、リーダーはビジネス計画と戦略に集中することができます。

職務と作業の要件と方法に関する実践的な指導の実施・管理が重要です。 トレーニングは教室または職場で実施され、その目的は、作業者が初期のパフォーマンス基準を満たすこと、熟練度を維持すること、または追加的な責任を伴う職のために訓練することでなければなりません。 組織のプロセス安全管理の目的が企業全体で認識されるよう徹底することが、絶対に必要です。

Spheraのトレーニング管理は、セッションやコースの検索可能なインベントリの作成、個人のトレーニングの出席やリマインダーの管理など、ローカルとグローバルのニーズに対応した全社的なトレーニング戦略の策定を支援します。

SpheraCloudHomeソフトウェア - デバイス

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

変更管理

今日の経済において、技術革新、規制の更新、社内プロセスの変更、あるいはインシデントなどのやむを得ない事象によるものであるかどうかにかかわらず、組織は絶え間ない変化に直面しています。 インシデント発生率は、組織のプロセス安全管理と変更管理プロセスの有効性を示します

組織が持続的な変化を実現させる度合いは、従業員の安全、製品の持続可能性、業務の生産性を維持する能力に直接影響します。 変化が社員と業務に与える影響を管理することが重要です。

機器、手順、原材料、加工条件のすべての変更を特定、検討、承認するために、管理システムの導入は重要です。 これにより、プロセスの変更が適切に分析され(潜在的な悪影響など)、文書化され、適切な従業員に伝達されることが保証されます。

Spheraの変更管理(MOC)モジュールは、企業が変化に伴うリスクや危険性を一貫して、効果的に低減することを可能にます。 地域や部門の影響力やワークフローの要件をサポートする単一のシステムを提供し、一元化された行動管理とベストプラクティスの共有を可能にします。

SpheraCloudHomeソフトウェア - デバイス

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

インシデント調査

効果的なインシデント管理は、リスク管理と企業の継続的かつ効果的な運営において、重要な役割を果たします。 戦略的かつ慎重なインシデント対応と報告プロセスを持つことが重要です。 インシデントとニアミスを効果的に記録、追跡、調査、報告、分析する上で、テクノロジーは重要な役割を果たします。

プロセスの実施と管理は、インシデント調査を行う担当者が実施しなければならない役割、責任、プロトコル、および特定の活動を定義する必要があります。

適時、客観的、体系的、かつ技術的に健全な方法でインシデントを調査する有資格者グループは、そのイベントに関する事実関係が確実に文書化されるよう徹底することができます。 相当な理由が得られたかどうかも評価することができます。 結果は? イベントの技術的に完全な理解。

Spheraのインシデント管理ソリューションを利用することで、インシデント、ニアミス、ハザードをどのデバイスからでもリアルタイムで報告でき、スマートアラート、リマインダー、リスク集計を使って繰り返し行うタスクを自動化することで、時間の節約が可能になります。

SpheraCloudHomeソフトウェア - デバイス

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

お客様のプロセス安全管理はどのくらい成熟していますか?

アセスメントと成熟度向上のための設計を提供することで、お手伝いさせてください。

詳細はこちら

請負業者の安全管理

請負業者の安全管理は、今日のビジネス界で多くの企業が直面している問題です。 世界中の企業が契約社員をより多く採用するようになり、安全の維持はこれまで以上に複雑になってきています。 請負業者の安全の問題は、規制の圧力とより厳しい安全基準、世界中でおびただしい数にのぼる請負業者、インシデントのハイリスク,ならびに保険金の請求に特徴づけられます。

契約したサービスが (1) 安全な施設運営、(2) プロセスと従業員の安全に関する企業のパフォーマンス目標をサポートすることを確保する管理システムの実施と管理。 これには、契約サービスの選択、取得、利用、監視が含まれます。 PSM対象施設で働く下請け企業または個人でホスト施設と直接ではなく、第三者(つまり一般または専門の請負業者)とビジネス関係を持つ者。 下請け業者は、PSMプログラムの請負業者管理要素の対象となります。

Spheraの請負業者の安全管理ソリューションは、企業が第三者機関のために組織全体で正確かつ一貫したデータを取得できるように支援します。 作業明細書、スケジュール、作業許可証、契約書などの最新の文書を保存します。 また、一元化された設定可能なソリューションで、すべての第三者について記録し、報告します。

SpheraCloudHomeソフトウェア - デバイス

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

コンプライアンス監査

今日の規制とコンプライアンスが複雑に入り組んだ中で、社内監査や評価に直面することが多くなっています。 余計な仕事とストレスを増やすのです。 組織は、これらの重要な作業を、コンプライアンスプログラムに対して異なるアプローチを取り、規制当局に先んじてギャップを特定する機会としてとらえる必要があります。 ギャップに対処することで、組織のリスクエクスポージャーを低減することができます。

また監査やアセスメントへの少額投資で、得られた洞察が他のサイトに転送できるため時間とコストの節約になり、組織全体のコストを削減することができます。

プロセス安全管理プログラムの状況と品質を決定するには、プラントまたはプロセス単位、図面、手順、緊急事態計画、管理システムなどの査察を考慮しなければなりません。これは作業者、管理者、経営者からなる公平なグループによって実施されます。 その目的は、プログラムや戦略が企業の目標に適っているかどうかを調査することでなければなりません。 そうでなければ、作業者、業務、さらには物的資産にまで悪影響を与える可能性があります。 目的はリスクの低減に関連します。

Spheraの監査および査察管理は、組織全体の標準的なタスクを自動化し、データ収集を一元化することで監査および査察プロセスの管理負担を軽減し、リスクを特定し低減する能力を向上させます。

一元化された監査可能なシステムにより文書や不正確な情報を減らし、監査計画、スケジューリング、アラートを自動化することで、チームはより効果的に計画し、対応できるようになります。

SpheraCloudHomeソフトウェア - デバイス

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

従業員の関与

組織が作成し、追跡する必要があるドキュメントは膨大な数にのぼります。 それは、企業全体の課題でもあります。 従業員は、重要なポリシー文書の最新かつ適切なバージョンにアクセスし、目を通したことを確認し、サインオフする必要があります。また、組織が規制コンプライアンスを維持するためにこれらの文書を保管し、監査する必要があります。

文書化された従業員参加行動計画の実施と管理により、従業員とコンサルタントがプロセスハザード解析を含むプロセス安全のすべての要素にアクセス、協議、参加、作成できるようになります。 従業員には、作業現場や請負業者の従業員も含まれます。

Spheraのポリシー管理ソリューションは、企業が全ての関連文書を安全で確実な信頼できる場所に保管し、ユーザーがカスタマイズ可能なワークフローでドキュメントを迅速にアップロード、パブリッシュ、配信することを可能にします。 また、一元的な保管場所として、ユーザーがドキュメントのバージョンやバリアントにアクセスすることを可能にします。

SpheraCloudHomeソフトウェア - デバイス

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

企業秘密

材料、機器、プロセスが健康と安全に与える影響を理解してもらうために、最も重要な情報を従業員に提供する必要があると同時に組織の知的財産を保護する必要があります。

製品の製造に使用されるプロセスと材料のユニークな組み合わせは、企業秘密かもしれませんが、規制では、企業秘密かどうかにかかわらず、プロセス安全管理に準拠するために、これらのプロセスや材料に関するすべての情報を提供することが要求されます。

Spheraのソリューションは、お客様の組織や事業部門がどのようなプロセスを選択しようと、業界のプロセス安全管理のベストプラクティスに準拠できるようサポートします。 一元化されたツールは、企業全体のコミュニケーションや情報共有を可能にし、誰もが本当に必要な時に必要な場所で情報にアクセスできるようにします。

プロセス安全管理の他の要素をご覧ください

プロセス安全管理に関する最新のコンテンツ

一貫性は、より良いプロセス安全管理に対する真の答えですか?

記事を読む

回復力のある安全戦略を策定します

電子ブックをダウンロード

安全衛生戦略を推進する方法

記事を読む

お客様のプロセス安全管理はどのくらい成熟していますか?

アセスメントと成熟度向上のための設計を提供することで、お手伝いさせてください。