プロセス安全バリア管理ソフトウェア

セーフガードのステータス完全に可視化します

A Dいなみっくイナミック りリア もモデルが ていきょうs提供するのは 視性とそして e先を見越した および管理を もモ可能にします.

資産を安全に運用するためには、チームには最新でアクセスしやすい情報が必要です。 Sphera社のプロセス安全バリア管理ソフトウェアは、その情報提供し、大量のデータを解釈してバリア障害をお客様に知らせ、必要なときに迅速な対応を可能にします。

当社のソリューションは、プロセスの安全上重要な機能(SCE)センサーデータ、期限切れや計画されたメンテナンスおよび検査データ、MoC、およびIoW逸脱の状態を累積リスクと結びつけるのに役立ちます。 また、非常用重要システムや環境制御システムの状態は、リスクへの影響と関連しています。

Process Safety Barrier Management Software

バリアーの全体像を把握して安全保ちます

システム、センサー、人間由来のインプットがもたらす累積的なリスクの影響を理 解し、それに応じて行動します 当社のソフトウェアは、これらのすべてのインプットを自動的に結合してまとめ、組織全体に貴重なリスクに関する洞察やインテリジェンスを伝えることができます

盲点を排除します

eliminate データギャップ 得ます a より包括的な、 リアルタイムの ビュー その プロセスの安全バリアの健全性 メジャーアクシデントハザード MAHのリスク露出を (組織全体で) 可視化することで、より良い計画と 積極的な 管理可能に なります。.

Process Safety Barrier Management Software
Process Safety Barrier Management Software

バリアの機能障害の特定と解決をより効率的にします

運用の実態を反映したリスクの先行指標にアクセスする。 それで スケジュールを最適化して、リスクを軽減し、生産性を向上させることができます。 当社のソリューションは、潜在性を算出するのに役立ちます。 MAHのリスクエクスポージャー プラントおよびプラントの特定の場所に存在します。 Sphera社のソリューションは 必要な情報をタイムリーに提供します。 健全な運用上の意思決定.

その他の作業管理能力を見る

シームレスな接続を備えた専用ソリューションが役立ちます。

作業許可

活動の管理を許可制からリアルタイムかつシステム全体の管理へ移行します。 許可証、リスクアセスメント、隔離の各項目からの情報を統合することで、コンプライアンスと作業許可プロセスを強化します。

活動のリスク管理

可視化により、許可された業務活動に伴う相互依存的リスクの管理を改善します。

運用ログブックおよびシフトハンドオーバー

以前のシフトや、最新の出来事および今後のシフト期間の予測を理解することで、今後のシフトに備えます。

緊急事態への備えと対応

何か出来事が起こったときに、対応プランの情報へのアクセスを確実にすることで、チームの迅速かつ適切に対応できる能力を向上させることが出来ます。

failure analysis software

新しいレベルの管理に向けて準備はできていますか?

Spheraの作業管理システムが業務活動と運用リスクの完全な管理にどのように役立つかについて、詳しくはこちらをご覧ください。